スポンジングマシン/縮絨機

ノーテンションシュリンキングマシン
NTS-4600
NTS−4600は残留水分の配慮と、一段コンベア方式による加湿部>加熱部>冷却部を一列に配置し、生地に張力が加わらないように設計された小ロット向き緩和収縮加工による縮絨機です。
CAD・CAMの時代に、能率よく高品質な製品を作るためには欠かせない機械です。



・メイン搬送ベルトはケプラー繊維テフロンコーティングメッシュ使用で、ベルトの寿命が長持ちします。

・投入コンベアによりオーバーフィードが可能ですので、加湿・加熱時に完全なノーテンション状態にする事ができます。

・下側ヒーターをスチームチャンバー方式にする事で熱容量が大きく取れ、加熱が安定します。

・上側ヒーターは遠赤外線ヒーターにより、効率よく加熱します。

・加湿は低温、低圧のスチーム噴射で行い、スチーム量及び温度は操作盤上から微調整できます。

・加湿部中央にバイブレーターが設置されていますので、織物をよりリラックスさせます。

・冷却部は強力なバキュームブロアーでクーリングしますので、残留水分を除去するとともに織物を安定させます。

・クーリング完了後、折りたたみ装置の前に静電気除去装置がありますので、静電気の発生しやすい生地でも取り扱いが楽です。

・往復運動式テーブルの折りたたみ装置で、ノーテンションで折りたたむ事ができます。

・ベルト速度、バイブレーション回数、上・下ヒーター温度はデジタル表示です。






全長 4540mm
全幅 2545mm
全高 2130mm
重量 2000kg
電源 3相200〜220V
電気容量 14KW/H(ヒーター12KW+動力2KW)m
ベルト幅 2030mm
処理速度 0〜8m/minn
蒸気消費量 180kg/h(1〜2kg/cm2)
蒸気供給圧 0.5〜0.7Mpa
排気ダクト径 300φ丸型